スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームにて 想い出編

IMG_7550.jpg


小学生になる前の 幼き頃

家族ぐるみのおつきあいしていた一家が 隣町にいた

その家族には

わたしがトモにいちゃんと呼んでいた男の子 わたしと同年の男の子、アキちゃん その下に女の子という三兄弟がいて

わたしとわたしの弟との5人で ときどき 時間をともにし 遊んだ

そして 彼らのお父さんは ポライドカメラが趣味で

よく写真を撮ってもらったし

その写真が 実家のアルバムに残っている


でも 正直にいうと なにをして遊んだのか

具体的なことは 何一つ覚えていない

だけれど 同年のアキちゃんの次男らしい元気っぷり

それとは対照的なトモにいちゃんの 落ち着いた おにいちゃんっぷりは

今でも わたしの記憶の中にある

とくに トモにいちゃんは わたしにとってもまさしくお兄ちゃんであり

弟という存在しかもたず 

家族の中では おねえちゃんという肩書きをもつ

わたしにとっては 特別な存在だった


が その家族と疎遠になったのは そのお父さんが 

急に他界したことが原因だったとおもう


わたしは 母に手をひかれて お葬式に行ったことを覚えている

式場の自宅に到着した そのときに 目にした光景

それは 事態が飲み込めているのか いないのか

飲み込めている上で あえての行動なのか

あの いつも元気いっぱいのアキちゃんが 庭にいて

たのしそうないつもの笑顔で 三輪車に乗って遊んでいたのである

わたしの中で 三兄弟とともに過ごした時間の断片が 映像として残っているのは

唯一 その時のアキちゃんのもので

その記憶のとなりには いつもせつなさが寄り添っている


それから 時はながれ わたしは高校生になった

高校生になると 電車通学になった

最寄り駅の 小田急線新松田駅までは 家からバスで30分という距離

そして 新宿行きの電車に乗り 隣町の秦野駅が下車駅だった

乗車する電車は いつも同じで 

秦野駅に着いた時 改札への階段の前で降りれるドアを選んで 毎朝乗車した

それは 毎日のことで 毎日がその繰り返しだった


ある日のこと いつものように 秦野駅に電車が滑り込み

いつものように 階段の前で 電車は停車した

そのときだった 

電車のドアが開く そのいつもの光景が スローモーションになった

そして そのゆっくりとした時間の中で 

あのトモにいちゃんが あのころのままに 

ホームにいたことに 気づいたのである

そして わたしが降りた そのドアから 

トモにいちゃんは乗車し 新宿方面へと去って行った


それからというもの 

電車がホームへと滑り込む

ドアの窓越に 下向き加減のトモにいちゃんの姿がある

電車が停車する

ある一定の間のあと ドアが開く

わたしが電車をおりる

トモにいちゃんが電車に乗り込む


ホーム上でのこの毎日が わたしにとっての朝の風景となった

なんの言葉を交わす訳でもなく

目を合わす訳でもなくだった

トモにいちゃんが わたしに気づいていたかは定かではない

でも そのことは わたしのなかでは そうたいして問題ではなく

ここにこうしてトモにいちゃんの姿があるのなら

あのアキちゃんも おそらく元気なのだろう

そう想えるだけで 十分だった


冬になると トモにいちゃんは 落ち着いたグレー色のマフラーを巻いていた

そして 春の訪れとともに おにいちゃんは高校を卒業

わたしの中の朝の風景から 消えていった


その後 わたしも高校を卒業

仕事の関係で茨城県に住み その後 結婚

23歳のときには 一児の母になっていた

そして その年 高校の仲良しの友達が結婚するという知らせが届いた

結婚式は 神奈川平塚市の大きな会場でおこなわれ

その友達の旦那さんとなった人は 母子家庭で育ったらしく 

宴のクライマックスの花束贈呈のときには お母さんは号泣 

その姿に友達の旦那さんは やさしげな笑顔をうかべながら お母さんの肩を抱いてあげていた

友達は いい人と結婚したなぁと 心が和んだ


その日 ひさびさの実家にかえった

そして 席次表を見ていた 親が気づいた


「アキちゃんだ。。」


わたしの友達の結婚相手は あのアキちゃんだったのだ

アキちゃんは何もかもが 別人だった

昔の あの次男らしさはなく

そこにあるのは まるで もうひとりのトモにいちゃんのような 落ち着き払ったおもむきだった



その後 何度かアキちゃんとは 顔を合わせたが

わたし同様 わたしと遊んだ記憶はなかった

わたしは あの日。。 

アキちゃんのあの日。。 

三輪車で遊んでいた記憶があるのかどうかを聞いてみたい。。

そんな気持ちに至ったこともあったが

それは 未だにしていない。。


その後の2004年 わたしは北海道に移住

いまも秦野に住む アキちゃん夫婦とは

なかなか会えず 疎遠になっている


だけれど 毎年の年賀状の写真の中で 

アキちゃんの2人の娘は 

すくすくと成長している
















 

Trackback

Trackback URL
http://kanahimari.blog8.fc2.com/tb.php/611-124d6c01

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

ごとうかなこ

Author:ごとうかなこ

神奈川県生まれ
中学生の頃から写真に興味を持ち、26歳で北海道に移住。現在は美瑛町在住。
(株)フォトシーズン勤務を経て、カメラマンとして撮影に携わる。

mail:kanakogotoh@gmail.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。