スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このまちの騒音問題が解決した日

まだ 4月のこと。。

砂利の坂道を車で登っていたら いきなり走行距離15万キロの愛車の下部から ガタン!ガラガラ!!と派手な音がした。それでも坂は登りきったので アクセルは踏み続けたものの それ以来 エンジンをかける度に ガラガラ音がするようになってしまった。当初は この車、走りながらブンカイしてしまいはせぬかと 心配したのだけれど そのうち どうやらその様子はないとわかると 音がするくらいなら何でもないかと 修理代の金額も怖いし放置を決め込んだ私。

時が経ち 気温の上昇とともに 車の窓を開けて走行する車が増え始める。信号待ちで停車すると 隣で同じく停車している女性ドライバーの車が 派手にガラガラ。赤信号中ずっと 派手にガラガラ。

そんな状況をむかえるたび 誰もが女性ドライバーの顔をのぞきこむ。そんな視線を感じつつ 当事者の私は わりと涼しい顔。。

それでも いつまでもそんなことは続けられないので 本日、覚悟を決めてディーラーに赴くと ツナギを着た若い色白のやさしそうな おにいさんが 

「わかりました。みてみます。」

と応対してくれた。待っている間 これまた色白で美人のおねえさんが淹れてくれたコーヒーを飲みながら店内に座っていると さっきの おにいさんが 作業場から帰ってきた。 そして 無言でまず私のとなりに座ってから こう言った。

「マフラーってわかります?」

私は心の中で 「首に巻くもの。。では無いですね?」と呟いたあと

「マフラー、、わかります。」

と淑女をよそおって答えた。すると 

「そのマフラーの上に遮熱板がついているのですが それが車体から外れてマフラーの上にのかってガラガラ音がしてたんですけど それを無理やりくっ付けました」とおにいさん。

このおにいさん 色白にしてなかなかやるぜ。とおもいつつ 次はいよいよ修理代の金額告知だと身構えると 

「今日は処置だけなので料金はかかりません」

なぬー!?
朝10時にして 私のテンションはマックス!歓喜に昇天。

しかしながら心配になった。。

「大丈夫ですか?そんなこと言って 上の人に怒られたりしません?」 

その質問に

「大丈夫です。」

っておにいさんが 笑顔になった。


30年以上生きてきてても いまだに世の中のジツジョウに 時々びっくりさせられる。

いや。。びっくりしてる場合ではなく おにいさんに感謝。。なのだな。


スポンサーサイト
プロフィール

ごとうかなこ

Author:ごとうかなこ

神奈川県生まれ
中学生の頃から写真に興味を持ち、26歳で北海道に移住。現在は美瑛町在住。
(株)フォトシーズン勤務を経て、カメラマンとして撮影に携わる。

mail:kanakogotoh@gmail.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。