スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら咲く

20140506-R9260950.jpg


空き家になって 

人影も 人の気配もない その庭で

人知れずのさくらが 咲いていた


さくらの名所で咲くさくらが しあわせで

人々が 押し寄せて 愛でてもらえたなら しあわせで


人知れず咲いていたのなら 不幸せ

そんなことはないはず


だけれど。。

人知れずの 庭のさくら。







スポンサーサイト

黒ねこ

20140418-R9260254.jpg



夕張の街の片隅で 黒ねこに出逢った。



私の 実家には当時 常に5.6匹のねこがいて

その中に トトロという名前の 黒ねこがいた。


ほかのねこより 性格がおしとやかで やさしげな風格のある ねこだった。


そして 夜になると よく私の布団で 一緒に寝てくれて

10代の私は その ぬくもりに癒されたものだった。


朝に目が覚めると たいてい その姿は布団の中には なかったのだが

ときどき ほんとうにときどき 朝まで一緒にいてくれた時があった。


そのときの うれしさったら なかった。



夕張の街の片隅で 黒ねこに出逢った。






夕張のゆうぐれ

20140418-R9260393.jpg



夕張という街には 

以前から訪れてみたかったのだけれど 

先日まで 実際に訪れたことはなかった。


チープさんの送る会で 初めて訪れることになったわけだけれど

なにか チープさんに いざなわれた気が 勝手にしている。


そうして 訪れた夕張の 食事に入ったお店で

「旭川から来られたのですか?」

駐車場に停めていた 旭川ナンバーの私の車を見たのであろう 

店員さんが そう話しかけてくださった。


それから 「写真を撮りにですか?」

「そうです」と答えると


「三弦橋には行きました?もうすぐ ダムの水かさが増して 見れなくなるんです。」


限りある風景は やはり ここにもあるようだった。


せっかく その店員さんに いざなってもらったから

見て帰ろうかと想ったのだが いまいち場所がわからず うろちょろしている間に

夜のトバリは下り たどり着く事ができずままに 帰ってきてしまった。



家路についても 未練が頭をもたげる。



かぎりある風景の そのかぎりは すぐそこというわけだ。。















夢の住まい

20140418-R9260234.jpg


かぎりがあるということ

そのことを あらためて おもいしらされ 

やはり 切ない


変わらないと言う名の 安心は

はたして 夢の風景なのだろうか









プロフィール

ごとうかなこ

Author:ごとうかなこ

神奈川県生まれ
中学生の頃から写真に興味を持ち、26歳で北海道に移住。現在は美瑛町在住。
(株)フォトシーズン勤務を経て、カメラマンとして撮影に携わる。

mail:kanakogotoh@gmail.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。