スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともしび

20150227-R9265402.jpg


20150227-R9265432.jpg


20150227-R9265408.jpg


20150227-R9265463.jpg


夜の帳がおりると

街に灯りがともりだす。

あたたかな気持ちになる瞬間だ。。







スポンサーサイト

夕暮れの街にて

20150227-R9265335.jpg


テレビ画面が 低気圧の接近を伝えていたその日に

町をスナップしていると

水産会社の名前の入った ハイエースから

おじさまが降りて来て

私のほうへ やってくる。。

だけれど その佇まいにに 威圧感はない。

「なに撮ってんだ?」

とおっしゃられる。

なに と言われても そのなにを 説明するのも ナンギなわけで

カメラのプレビューボタンを押して 写真を見てもらう。

すると、

「お~」

と言って おじさまは行ってしまわれた。




20150227-R9265372.jpg


もうすこし 歩みを進めると

さきほどのおじさまと同じ水産会社の社員さんとおぼしき

やや若めのおじさまが またもや 私にむかって一直線でやってくる。

そこに もはや会話もなく。。

私は カメラのプレビューボタンを押して 写真を見てもらう。。

すると、いきなり 通りに響き渡るような おおきな声で


「そんな さみしい風景撮ってどうすんだ?」


どうすんだ?

と言われても 答えようが無いので


「あははははっ」

高笑いで その場をごまかす。


「その建物も撮っておいてよ」

と言い終わる頃には おじさまは 私に背中を向けて 歩を進めておられた。


低気圧が 接近しているはずの 夕暮れの街での出来事だった。







港町の町並み

20150227-R9265289.jpg


20150227-R9265311.jpg


20150227-R9265321.jpg


20150227-R9265328.jpg


どこか なつかしく。。

どこか なつっこい。。

そんな気がする。。






かもめのいる風景 2


20150227-R9265210.jpg


20150227-R9265215.jpg


20150227-R9265193.jpg



撮影:増毛町









かもめのいる風景 1

20150227-R9265112.jpg


20150227-R9265119.jpg


20150227-R9265179.jpg


その姿に その鳴き声に。。

いつまで 眺めていても あきない風景。。



撮影:増毛町
プロフィール

ごとうかなこ

Author:ごとうかなこ

神奈川県生まれ
中学生の頃から写真に興味を持ち、26歳で北海道に移住。現在は美瑛町在住。
(株)フォトシーズン勤務を経て、カメラマンとして撮影に携わる。

mail:kanakogotoh@gmail.com

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。